牛乳石鹸のWEBムービーが
炎上してますね。


以下、転載----------------

 6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。

 動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。

 ここで、男性の心情を表したかのように、

  「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」

とのナレーションが読み上げられる。

 その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。

 飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返し、そのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。

  風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。


--------------------転載おわり

僕はこの動画、
共感はできませんが
理解はできます。

・ゴミを出すこと
・息子のケーキ、プレゼントを買うこと

をヤなことのように
描いていることに違和感がありますし、
落ち込む後輩のフォローは
「息子の誕生日に飲みに連れて行く」
以外にもできることはあったのでは?
と思ってしまいます。

(ただ、動画の後半では
家族揃ってお祝いできているので、
「飲みに行っても息子が起きている
時間に帰れる」ならいいのではと
思います。それでも、
奥さんに事情説明すればいいのに!
とは思います。)

ただ、自分が本当に良き父親なのか
という葛藤は理解できます。
描き方の問題かなという気がします。

それより何より僕が残念なのは、

「さ、洗い流そ」

というコピーまで悪い印象に
なってしまっていることです。

実はこのコピー、今回の広告で
初めて使われたものではなく、
2014年のあるときに初めて世に出て、
好評で継続して使われているものなのです。

そのあるときとは、


2014年にブラジルで開催された、
サッカー・ワールドカップ。

ザッケローニ監督率いる日本代表が、
期待されながらも予選敗退した
直後に掲出された、
このポスターで使われたのが
初めてなのです。

※出典:pinterest.com

代表はもちろん、
くやしい気持ちでいっぱいだった
日本じゅうの人々を、
次の1歩へと向かわせる。

「さ、洗い流そ。」

はもともと、そのためにつくられた
広告だったのです。

時をとらえてこの広告を出す、
牛乳石鹸の企業姿勢に
「いい会社だなぁ」と思ったことを
今でもはっきりと覚えています。

今回の動画も、「父の日」に
公開されたことを考えると、
世のお父さんへのエール。

2014年のようには支持は
されなかったものの、
この企業姿勢を貫く牛乳石鹸なら必ず、
今回の件は「洗い流し」、
また素敵なメッセージを届けてくれると
信じています。

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

ほんなら、また。

松田広宣  
コピーライター  
OKa-Bizビジネスコーディネーター  

■twitter  
松田広宣 https://twitter.com/hirocopy  
ARAWAS https://twitter.com/ARAWAS_official   


※冒頭写真はBLOGOSより